益普希は2014年に正式に設立し、環境技術管理コンサルティングサービスに専念し、企業や政府の顧客にソリューションを提供する?!干鷳B環境の改善を使命とし、持続可能な開発の実現を己の責任とする」は會社の発展理念です。

 

業務サービス

  益普希はサービスシステムを大気、水、応急、グリーン執事及び総合コンサルティングの五つの事業部に統合して、各政府及び工業団地に大気、水や土壌、地域環境の質の調査評価、環境改善案、環境精密化管理、環境リスクコントロールなどの総合解決策と技術サポートを提供し、生態環境の質の改善及び社會生態文明の建設を推進します。顧客には、計劃段階から退役段階までの全過程の環境総合サービスを提供し、さらに執事式サービスにアップグレードし、企業のコンプライアンス、グリーン発展の実現を支援します。

 

技術チームと技術力

益普希の技術チームメンバーは全員大學院以上の學歴、博士や高級エンジニアがチームリーダーとを擔當し、積極的に國家のトップクラスの清華大學、北京大學、交通大學、中國の環境監測ステーション、中國環境科學研究院、中國科學院生態環境研究センター、中國環境規劃院などの研究機関と良好な関係構築しております。更に専門家庫システムを構築し、専門家庫は石油、化學、生態、応急、土壌、政策法規などの多方面の専門家をカバーし、顧客に専門サービスを提供します。

益普希は革新とハイテクの応用を重視し、CMA認証実験室、機器メーカー、環境汚染施設管理企業、汚染土壌復舊、システムインテグレーションなど國內外有名な環境企業と長期的な協力関係を構築、ハイテク手段を活用、環境コンサルティングサービスに有力な技術サポートを提供します。

 

事例実績

フフホト市の大気汚染源リスト及び空気質基準達成改善案の完成。北京市門頭溝區の水汚染源調査対策の研究。北京市豊臺區、大興區の汚染物質排出許可証の審査。北京同仁堂科技発展股份有限公司にグリーン執事サービスのご提供。特に2018年全國第二次汚染源調査プロジェクトで通州區、門頭溝區、平谷區の入居調査任務を受け、責任を持つ、プロフェッショナルな応対で、クライアントの認可を得ました。

 

事務所

より多くの顧客にサービスを実現するため、弊社は広東省、河北省、內モンゴルに事務所を設立し、今後北京事務所を技術研究開発センターとして、各地方での業務サービス現地化を徐々に実現します。