學園環境教育

我が國は今まで受験編重教育の道を歩いてきたが、環境教育に対する注目はまだまだ足りないです。日々欠如している資源、世界広範囲の異常気象、絶滅の危機に陥りかける生物群集及びひどく破壊された自然環境を目の前にして、我々人類は一體どう対応したらよいのでしょうか。人間の怠惰と身勝手が意識し始めてから行動に移すまでの道を阻み、その前に意識を芽生えるためには指導が不可欠で、意識と行動こっちにせよ、全國範囲で環境教育を行うことを迫っています。環境教育は小さい頃から施すべき、環境保護意識を養い、習慣を身に著けば、地球は再び活力を取り戻せ、人類とほかの生物は繁栄できます。學園環境教育は幼稚園児向け、小學生向け、中高學生向けに分けて実行できます。環境教育は一朝一夕にはできないので、社會からの注目を集める必要があります。