社會環境教育

環境教育は人類と環境の関係を中心とし、環境問題の解決と持続可能な発展を目的とし、教育を手段としての社會活動のプロセスの一つです。人間が生活環境を破壊することを恐れ、そこから環境教育は生まれました。益普希は一環境コンサルタントとして、國の環境教育普及に賛同し、環境公開講座を開き、政策や環境保全知識に関する説明會を開き、持続可能な社會が実現するために積極的に取り込んでいます。